給与は見合っているか

看護師の深刻なお悩みの中に「給料が安い」というのがあります。確かに、仕事の重大さに比べて、少し低い印象があります。
看護師は40年間勤めても平均的に月収は10万円弱しか昇給しないのだそうです。年収にして170万円ほどの昇給。ちょっと驚きました。
看護師はもともとの給与額も、仕事の過酷さに見合っていない気がしますが、昇給も見合ってない気がします。これではやはり、「長く続けよう」というモチベーションが上がりにくいだろうと思います。それと、結婚・出産等でいったん退職しても「復帰しよう」というモチベーションも上がりにくいのではと思います。
もちろん、地域や病院によって違うと思います。だから今、看護師求人サイトがどんどん充実してきているし、給与面での検索も大事になってきているようです。今はどの病院も看護師不足と言われていますので、転職先を探す看護師も自分にあった条件をしっかり吟味しているはずです。
そしてもちろん、給与の良いところが人材をどんどん確保して、ただでさえ看護師不足の地方の病院などでは不足に拍車がかかるという事態に陥ってしまうのでしょう。そして、人手不足の病院では、看護師一人に対する仕事量が増え、さらに労働環境が悪化するという悪循環を引き起こします。
それでも、信念をもって医療の最前線で戦っている看護師はたくさんいます。私たちが安心して暮らしていけるのも、そんな彼女たちのおかげです。そのことに感謝しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です